育成馬臨床医のメモ帳

このサイトは、育成馬の臨床獣医師が日常の診療で遭遇する症例に関して調べて得た情報をメモとして残すものです。

エンドトキシン

赤外線体温計を用いたサラブレッド競走馬における運動性熱中症の早期検出:オーストラリア東部の競馬場における調査(Brownlowら2020)

馬の熱中症 近年は有名な競走馬が熱中症に続発する様々な疾患を併発して亡くなる事例も出てきています。サラブレッドにおける熱中症は年々関心が高くなってきています。 気候変動による日中の気温および湿度の上昇は明らかで、競馬や調教に関する様々な工夫…

肺炎により死亡した競走馬の回顧的調査(Carvallloら2017)

輸送に関連した呼吸器疾患、いわゆる輸送熱が増加してきているように感じます。 競走馬にとって出走するにも休養するにも、輸送は避けられないものですが、これは競走馬に多く発生する呼吸器疾患の最大のリスク因子となっています。 レース後すぐに輸送した…

バイオフィルムと馬の脚部の創傷 レビュー その⑤(Jorgensenら2021)

馬の下肢部(前肢なら腕節より下、後肢なら飛節より下)の創傷管理は困難を伴うことがあります。小さな創傷であったとしても治癒遅延がおきやすく、結果的に運動復帰が遅れてしまうことがしばしばあります。 これにはいくつかの要素がかかわっていると考えら…

バイオフィルムと馬の脚部の創傷 レビュー その④(Jorgensenら2021)

馬の下肢部(前肢なら腕節より下、後肢なら飛節より下)の創傷管理は困難を伴うことがあります。小さな創傷であったとしても治癒遅延がおきやすく、結果的に運動復帰が遅れてしまうことがしばしばあります。 これにはいくつかの要素がかかわっていると考えら…

バイオフィルムと馬の脚部の創傷 レビュー その③(Jorgensenら2021)

馬の下肢部(前肢なら腕節より下、後肢なら飛節より下)の創傷管理は困難を伴うことがあります。小さな創傷であったとしても治癒遅延がおきやすく、結果的に運動復帰が遅れてしまうことがしばしばあります。 これにはいくつかの要素がかかわっていると考えら…

バイオフィルムと馬の脚部の創傷 レビュー その②(Jorgensenら2021)

馬の下肢部(前肢なら腕節より下、後肢なら飛節より下)の創傷管理は困難を伴うことがあります。小さな創傷であったとしても治癒遅延がおきやすく、結果的に運動復帰が遅れてしまうことがしばしばあります。 これにはいくつかの要素がかかわっていると考えら…

バイオフィルムと馬の脚部の創傷 レビュー その①(Jorgensenら2021)

馬の下肢部(前肢なら腕節より下、後肢なら飛節より下)の創傷管理は困難を伴うことがあります。小さな創傷であったとしても治癒遅延がおきやすく、結果的に運動復帰が遅れてしまうことがしばしばあります。 これにはいくつかの要素がかかわっていると考えら…

馬の十二指腸近位空腸炎のレビュー(Arroyoら2018) その⑥

馬の十二指腸-近位空腸炎は、散発的に見られる病態であることが知られています。 臨床的な特徴は急性の小腸のイレウスによる腸管膨張と胃拡張による疝痛です。十二指腸から空腸の内容物が胃へ逆流することにより急激な胃拡張を起こすことで、胃破裂のリスク…

馬の十二指腸近位空腸炎のレビュー(Arroyoら2018) その⑤

馬の十二指腸-近位空腸炎は、散発的に見られる病態であることが知られています。 臨床的な特徴は急性の小腸のイレウスによる腸管膨張と胃拡張による疝痛です。十二指腸から空腸の内容物が胃へ逆流することにより急激な胃拡張を起こすことで、胃破裂のリスク…

馬の十二指腸近位空腸炎のレビュー(Arroyoら2018) その④

馬の十二指腸-近位空腸炎は、散発的に見られる病態であることが知られています。 臨床的な特徴は急性の小腸のイレウスによる腸管膨張と胃拡張による疝痛です。十二指腸から空腸の内容物が胃へ逆流することにより急激な胃拡張を起こすことで、胃破裂のリスク…

馬の十二指腸近位空腸炎のレビュー(Arroyoら2018) その③

馬の十二指腸-近位空腸炎は、散発的に見られる病態であることが知られています。 臨床的な特徴は急性の小腸のイレウスによる腸管膨張と胃拡張による疝痛です。十二指腸から空腸の内容物が胃へ逆流することにより急激な胃拡張を起こすことで、胃破裂のリスク…

馬の十二指腸近位空腸炎のレビュー(Arroyoら2018) その②

馬の十二指腸-近位空腸炎は、散発的に見られる病態であることが知られています。 臨床的な特徴は急性の小腸のイレウスによる腸管膨張と胃拡張による疝痛です。十二指腸から空腸の内容物が胃へ逆流することにより急激な胃拡張を起こすことで、胃破裂のリスク…

馬の十二指腸近位空腸炎のレビュー(Arroyoら2018) その①

馬の十二指腸-近位空腸炎は、散発的に見られる病態であることが知られています。 臨床的な特徴は急性の小腸のイレウスによる腸管膨張と胃拡張による疝痛です。十二指腸から空腸の内容物が胃へ逆流することにより急激な胃拡張を起こすことで、胃破裂のリスク…