育成馬臨床医のメモ帳

このサイトは、育成馬の臨床獣医師が日常の診療で遭遇する症例に関して調べて得た情報をメモとして残すものです。

腱鞘炎

近位種子骨軸側骨炎8症例(Dabareinerら2001)

文献でわかったこと 種子骨軸側の骨炎は、X線DP像での種子骨の透過領域に基づいて診断されます。また、超音波検査では種子骨間靭帯および種子骨軸側辺縁の骨の輪郭を評価することが可能です。 診断麻酔で球節内または指屈腱鞘内への麻酔を行って確定しました…

副手根骨前面骨折と手根管腱鞘への影響(Minshallら2014)

文献でわかったこと 参考文献 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 文献でわかったこと 副手根骨の骨折はまれですが、なかでも前面の完全骨折が最も多いとされています。副手根骨が前面で骨折した場合の多くは粉砕した骨片が発生し、手根管…

化膿性滑膜炎に対する連続的滑液嚢内抗菌薬投与31症例(Lescunら2006)

はじめに 文献で分かったこと はじめに 化膿性滑膜炎は緊急疾患で、感染が見つかり次第、洗浄や抗菌薬投与を行うことが良好な予後に繋がると考えられています。 しかし、何らかの原因で発見が遅れたり、慢性化してしまった場合には、長期的な全身抗菌薬が行…

近位種子骨軸側辺縁骨髄炎の7例(Winsterら1991年)

はじめに 文献で分かったこと 診断のために 参考文献 はじめに 近位種子骨は球節掌側に位置し、内と外に一つずつあり、近位には繫靱帯脚部、遠位には4つの種子骨靱帯が付着しています。 内と外の種子骨をつなぐ構造として、種子骨間靱帯があります。この靱帯…

深屈腱橈骨頭の損傷に関連する手根管腱鞘炎11頭(Minshallら2012)

深指屈筋腱は、前肢後面を走行する筋肉で、蹄骨屈筋面に終止します。一方で起始部は3点に分かれており、上腕骨内側上顆から起始する上腕頭、尺骨肘頭から起始する尺骨頭、橈骨中部後内側から起始する橈骨頭があります。 橈骨中部後内側から起始する橈骨頭は…

手根管症候群の手術を受けたトロッター競走馬の成績(Carmaltら2017)

ハイライト スタンダードブレッド競走馬では、手根管症候群の症例馬は走行スピードが速いが、手術日に近づくにつれてスピードが落ちた。 競走復帰率は90.5%で、競走成績や競走寿命は、手根管症候群の症例馬と対照馬で差がなかった。 pubmed.ncbi.nlm.nih.go…

手根管腱鞘の腫脹を伴う馬121頭の筋骨格損傷と跛行(Jorgensenら2015)

手根管腱鞘の腫脹は、育成馬ではまれな疾患ですが、より年齢の高い乗馬ではより多くみられるのかもしれません。 中~高齢馬の手根管腱鞘炎は跛行を伴うことが多く、浅屈腱や浅屈腱支持靱帯が損傷していることが多く、これは超音波検査で診断できることが報告…

慢性手根伸筋腱鞘炎15頭(Plattら1997)

手根部背側の腱構造は、内側から長第一指外転筋、橈側手根伸筋、総指伸筋、外側指伸筋と並んでいます。 多くは障害飛越競技馬で障害のトゲがこの腱鞘に貫通することで炎症が起きると報告されています。しかし、馬房内でも釘や木片が刺さると、貫通して感染が…

化膿性滑液嚢炎における細菌培養:細菌は予後に影響するか(Taylorら2010)

化膿性滑液嚢炎は、滑膜への細菌感染を原因とする病態です。 滑液検体から細菌が培養され、さらに薬剤感受性検査まで可能であった症例は、それをもとにした抗菌薬投与治療を行います。しかし、実際には滑液検体から細菌培養陰性となる症例が多く存在します。…

化膿性滑膜炎を疑う症例から分離された細菌の抗菌薬感受性(Miagkoffら2020年)

カナダ、モントリオール大学から発表された、10年にわたる化膿性滑膜炎(疑いを含む)症例について、細菌培養検査と薬剤感受性試験をまとめた調査。 これによると、全体の49%から細菌が分離され、成馬(文献によると6ヵ月以上)では、グラム陽性菌が多く分…

競走馬における起源不明の化膿性滑膜炎(Byrneら2020)

主に当歳など子馬では、ストレスをはじめとするさまざまな原因で免疫機能が低下し、菌血症となった結果、血行性に化膿性滑膜炎が発生すると考えられています。 一方で、成馬では穿孔性の外傷など明らかな原因を伴わない化膿性滑膜炎はまれだと考えられていま…

屈腱長軸方向の損傷に起因する非感染性の指屈腱鞘炎135例(Arensburgら EVJ2011年)

慢性の非感染性指屈腱鞘炎の原因とは?損傷部デブリードによる治療の成績と予後は?

非感染性指屈腱鞘炎76例の回顧的調査(Smithら EVJ2006年)

球節掌側のぷにぷにとした柔らかい腫脹は、腱鞘の腫れが主体です。これにはさまざまな原因があり、目に見える症状は共通していても、原因によってとるべき治療法が異なる場合があります。 超音波検査は、この腱鞘内を観察するのに優れた検査方法です。腱鞘内…

深屈腱長軸方向損傷による指屈腱鞘炎と輪状靭帯症候群(Wilderjansら EVJ2003年)

指屈腱鞘炎は輪状靱帯症候群といわれる病態とも関連があり、屈腱損傷と併発した症例の診断、治療、予後は。

屈腱長軸方向の損傷に関連した腱鞘炎20例(Wrightら EVJ1999年)

屈腱長軸方向の損傷による指屈腱鞘炎。診断と治療と予後について。

指屈腱鞘炎に関連した深屈腱炎(Barrら EVJ1995年)

超音波検査における深屈腱損傷の所見と、その治療成績。

橈骨尾側外骨症を原因とする手根管腱鞘炎10頭(Nixonら JAVMA2004年)

橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 文献でわかったこと 参考文献 橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 橈骨掌側に形成される骨軟骨腫は、成長板付近の骨軟骨を原因とする外骨症や良性腫瘍と呼ばれることもありますが、明確な定義はありません。 骨軟骨腫の形状は様…

手根管腱鞘炎の症状と腱鞘鏡所見(Zetterstromら AJVR2017)

橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 文献でわかったこと 参考文献 橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 橈骨掌側に形成される骨軟骨腫は、成長板付近の骨軟骨を原因とする外骨症や良性腫瘍と呼ばれることもありますが、明確な定義はありません。 骨軟骨腫の形状は様…

手根管腱鞘内の腱鞘で観察した解剖学(Southwoodら VetSurg1998年)

橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 文献でわかったこと 参考文献 橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 橈骨掌側に形成される骨軟骨腫は、成長板付近の骨軟骨を原因とする外骨症や良性腫瘍と呼ばれることもありますが、明確な定義はありません。 骨軟骨腫の形状は様…

橈骨遠位骨軟骨腫の外側アプローチによる腱鞘鏡下切除(Southwoodら JAVMA1997年)

橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 文献でわかったこと 参考文献 橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 橈骨掌側に形成される骨軟骨腫は、成長板付近の骨軟骨を原因とする外骨症や良性腫瘍と呼ばれることもありますが、明確な定義はありません。 骨軟骨腫の形状は様…

橈骨遠位尾側の骨軟骨腫の特徴と治療成績22頭(Wrightら EVJ2012年)

橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 文献でわかったこと 参考文献 橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 橈骨掌側に形成される骨軟骨腫は、成長板付近の骨軟骨を原因とする外骨症や良性腫瘍と呼ばれることもありますが、明確な定義はありません。 骨軟骨腫の形状は様…

橈骨掌側の骨軟骨腫を関節鏡下で除去した1例(Squireら JAVMA1992年)

橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 文献でわかったこと 参考文献 橈骨掌側(尾側)の骨軟骨腫とは 橈骨掌側に形成される骨軟骨腫は、成長板付近の骨軟骨を原因とする外骨症や良性腫瘍と呼ばれることもありますが、明確な定義はありません。 骨軟骨腫の形状は様…